MENU

そもそもシミの原因は?

シミの原因についてのまとめです。

 

紫外線対策としての日焼け止め!・・・のみでは色々なシミの種類がありますので防げないんです。

 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)、日光性黒子(にっこうせいこくし)

 

シミのパターンで一番多いものです。このシミの原因が紫外線によるものです。

 

日光が当たる箇所である顔、腕、手などにできることが多いです。

 

関連してシミウスの効能効果には「メラニンの生成を抑える」とありますね。

 

メラニンは悪者では無いんですけどね、過剰に生成されたメラニンはシミのもとですのでね・・・。

 

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

ニキビ跡・傷跡・化粧品によるかぶれ等による炎症の後にできるものです。これは年代問いません。これは血流促進で改善されるパターンかと思います。

 

やけどや傷跡からのシミについては、シミウスでのマッサージでも一番改善が期待できるシミになるかと思います。

 

メビウス製薬の冊子でも写真を見ました。

 

そばかす、雀卵斑(じゃくらんはん)

 

小さな斑点が頬や鼻の周囲などに出ます。

 

遺伝性のものが多いです。

 

思春期に目立ってくる方が多く、年齢を重ねていくと薄くなることもあります。

 

最初に紹介した老人性色素斑のシミウスの効能効果をもう1度見て頂くと、「しみ、そばかすを防ぐ。」と書かれていますね。

 

肝斑(かんぱん)

 

妊娠時や経口避妊薬が誘引することから、女性ホルモンに関係するものではないかと言われています。

 

目の下あたりにモヤモヤと左右対称に広がって出ることが多いと言われています。

 

トラネキサム酸が有効ではないかと言われています。

 

厚労省サイトでしばしば掲載される一般用医薬品の区分リスト関連のPDF資料にもトラネキサム酸は「肝斑改善薬」として記載があります。

 

また、肝斑に対しては過度なマッサージは特にお勧めできません。

 

そのためシミウスを利用する際には注意が必要です。

 

メビウス製薬としては”肝斑に効くかと言われれば、シミとは異なるため根本的な改善は難しいです。ただ、更なる拡大や濃くなる対策にはつながります。”との記載がありました。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ